ExcelのEndモード 

意外と便利なEndモード

エクセルでEndボタンを押すとEndモードになります。Endモード中に押すキーによって動作が違うわけですがそれが下記になります。
  • End → Enter:アクティブセルからデータのある最終列の同じ行へジャンプ
  • End → Home:最終セルへジャンプ
  • End → 矢印キー:矢印キーの方向へある次のデータのあるセルへジャンプ
End → HomeとCtrl + EndそしてEnd → 矢印キーとCtrl + 矢印キーは同じ動作かな。



今までEndモードを知らなかったけど一番便利だと思ったのはやっぱりEnd → Enterです。データ入力すべき一番右の列の空欄セルにジャンプしたい場合でも途中に空欄セルがあるとEnd → 矢印キーやCtrl + 矢印キーだと空欄セルまでしかジャンプできないしジャンプしたいセルが空欄なので最終的には矢印やタブで移動しなくてはいない状況になってしまう。しかし、End → Enterなら一発でジャンプできるのです。

Endモード

因みにエクセル上でCtrl + Endで最終入力セルへ移動するが入力データを削除して空欄になっても保存して終了しないうちはデータが存在すると認識するようです。削除フラグみたいなものが残っているということかキャッシュの関係か。
保存して再度開くときちんとデータのあるセルへジャンプするようになります。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/388-119589ad