ドコモ光が携帯料金に追加1000円ってホント!? 

キーワードはいつもの「最大○○」

2015年10月現在

ドコモ光の広告は最近よく見るがあまり内容を気にしていなかったのだが、よくよくみてみるとでかでかと「スマホ料金に1000円~追加でスマホと ネットとプロバイダがすべて使える!」と書いている。まぁ「1000円~」ってのがみそなのだが、これをみればよく知らない人なら大概は「家のインターネット料金が携帯料金に1000円プラスするだけでいいのか」と思うはず。

ドコモ光広告

しかもドコモ光のホームページにも詳細は書いているのだが非常に分かり難い。

ではどんな人なら広告通りに+1000円でドコモ光を使用できるのだろうか?
1.マンションタイプのドコモ光パックを契約する。
2.携帯電話の月額プランがシェアパック30である。
3.特定のプロバイダ。

上記3点が必須なのだ。シェアパック30が月額22500円でマンションタイプのドコモ光パックの契約をした場合携帯電話+インターネット回線+プロバイダ料金すべて込みで23500円なので+1000円で使えるというわけだ。

戸建タイプだとドコモ光パックが24500円なので差額は2000円となる。

私の場合は戸建でドコモの契約がデータMパック5000円なのでドコモ光パックの料金は9400円になり差額は4400円になるので実際に現状から安くなるのは500円~1000円くらいだ。
(2015年10月現在の情報です。)



広告の「キャッシュバック」や「割引」「プラス○○円」なんてのは過剰に反応してはいけない。大概はごく少数にしか当てはまらない場合が多いのでお得だから乗り換えようなんてことをしてもあまりお得にならない事が多い…まぁそれでもNTTなら損したり詐欺られたりすることは無い(違約金だけはどうしようもないので契約の際は気を付けてくださいね)ので良いと言えばよいのだが聞いたこともないプロバイダなどの勧誘電話は危ないから気を付けて。
如何にもNTTの人間のような話口調で安くなるからと言ってプロバイダの変更をさせて、万が一変更後に解約しようものなら普通のプロバイダの倍ほどの違約金をとられるということがあるのだ。

最近は怪しげな電話が多いので自分の契約しているインターネット、携帯などの月々の料金は家族全員がきっちりと把握していた方が良いだろう。

話は逸れたがドコモ光は誰でも+1000円で使えるのはマンションに住んでいてドコモ携帯のプランを家族シェアのシェアパック30を使っている人だけってこと。

関連記事


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/397-9912282c