マイナンバー取扱い注意点 

個人番号はトップシークレット


通知カードが「平成27年10月中旬以降、住民票を有する全ての住民」の条件にあてはまる人に郵送されていると思います。

通知カードは個人番号その他も記載されていますが本人確認としては使えません。通知カードが届いたのちに個人番号カードの交付をすることで写真付きの免許証の様なカードが発行され、個人番号カードは身分証明書として利用が可能になります。

2016年1月から発行できる個人番号カードに「目隠しケース」をつけて個人情報である「個人番号」「性別」「臓器提供意思表示」の3つを、外部から見えなくする措置もとられるようですが、個人番号カードを身分証明書として利用する際にコピーなどをとられる時には個人番号をコピーされないようにしておかなくてはいけません。
要するに、個人番号自体は通知カードがあれば問題ないので、個人番号カードの裏面に記載されている個人番号はマジックで塗りつぶして分からなくしておくこと!他人には絶対に個人番号を知られてはいけません!ってことです。
個人番号を提出しなくてはいけないケースとしては役所の提出書類や社会保険や福祉などの為に自分の勤めている会社くらいかな。

それなら個人番号カードに個人番号を記載するなよって思いますが…なんか今後はクレジットカード機能がついたり色々展開が予定されているみたいなのですが問題も沢山でてきそうですね。

基本、個人番号の変更はできないようですが例外として「個人番号が漏えいして不正利用される恐れがある」場合にのみ個人番号の変更ができるようです。まぁ施行されたばかりの制度なので今後も何かにつけて変更などありそうです。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/403-b245aa96