固定IPアドレスをふる時の注意点 

DHCPの範囲は固定IPアドレスをふるべからず

パソコンがその他のパソコンと通信したりインターネットに出たりするにはパソコンの住所となるIPアドレスやその他設定が必要になります。

その設定を自動に行ってくれるのがDHCPという仕組みになり、最近では市販されているルーターに必ず備わっています。だから何の設定をしなくてもルーターさえ最初に設定しておけばそのルータから出ているLANケーブルを差し込めばインターネットができます。
無線機能を持ったルーターであればWIFI機能をオンにすることで(セキュリティー設定がされている場合にはパスワードを打ち込む必要はあります)無線でルーターを通してインターネットが出来るわけです。

自動に設定しくれる故に自分で設定する場合にはそれ以外の範囲に設定しなくてはいけないわけです。
例えば192.168.11.2から192.168.11.100までDHCPの範囲であった場合に自分である機器Aに192.168.11.10というIPアドレスをふったとしましょう。
機器Aの電源が入っている場合には192.168.11.10というアドレスは使用されていることがわかるので割り当てされることはないですが機器Aの電源が入っていない場合には192.168.11.10は使われていないとしてDHCPサーバが割り当てを行ってしまう場合があります。

もし、192.168.11.10がDHCPで割り当てされている状態で機器Aの電源を入れた場合機器Aのアドレス192.168.11.10はすでに使用されていますので、インターネットや他の機器へのアクセスが出来ない状態になってしまうのです。


 

DHCPの設定はルーターに有り

コマンドプロンプトでipconfig /all アドレスバーにデフォルトゲートウェイのIPアドレスを打ち込む IDとパスワードを入力してログインする。 DHCPの設定個所を探す。 万が一設定ができないルータでもDHCPで使用されるIPアドレスの範囲が分かる個所はあるはず。
知識がない場合に問題なのが使えるIPアドレスの範囲の調べ方…そもそも何にも知らない場合に固定IPをふろうとしようとはしないとは思うが(笑)

特殊なことをしたい場合にはきちんと勉強してもらうとしてザックリと簡易に設定する方法だけ書いておきます。

もし、サブネットマスクが255.255.255.0であればDHCPで割り当てされたIPアドレスの最後の数字が1~254を使うことができます。
例えばDHCPのアドレスが192.168.11.5の場合だと
192.168.11.1~192.168.11.254までが使用できるIPアドレスです。

恐らく192.168.11.1がルータのIPアドレスになっているはずで、それ以外にDHCPの割り当て範囲が設定されています。

もしDHCPの割り当て範囲が192.168.11.2~192.168.11.100であった場合、それ以外が使用できるIPアドレスが自分で勝手に使用しても問題ないIPアドレスとなります。

上記の例の場合だと、192.168.11.101~192.168.11.254が固定IPとしても問題ない範囲になります。

その他、VoIPなど固定IPをふっている機器がある場合はそのIPアドレスは使用することはできません。

まぁ普通は一般家庭で固定IPにしなくてはいけない状況になることは無いでしょうがもしも固定IPにしなくてはいけない状況になった場合はふってはいけないIPアドレスがあるので注意が必要です。

サブネットマスクが255.255.255.0以外の場合は下記リンクより使用可能IPアドレスを調べることができます。

サブネットマスクの計算
URL:https://note.cman.jp/network/subnetmask.cgi

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/406-dd21effc