Windows7でUpdateができない!? 

Windows Update で更新プログラムを確認できません




Windows7でアップデートを手動で実行しようとしたところ、 "Windows Update で更新プログラムを確認できません"と いうエラー メッセージが表示されて実行できない。

Windows7でUpdateができない

サービスの確認をしてみたらきちんと稼働はしているようだった。念の為手動で停止、開始をしてみたり再起動をしてみたりしたがやはり状況は変わらず。

Windows7でUpdateができない

調べてみたら同症状に対するMicrosoftの修正モジュールが出ていたので適用してみた。

修正モジュール
URL:https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2730071

Windows7でUpdateができない

適用後再起動までしたが解決されなかった。


 

バッチファイル作成


正規の方法では解決策が見当たらなかったので、次に見つけた下記コマンド(バッチファイル作成)を実行したら私の場合は解決した。システムファイルをいじってるみたいなので利用は自己責任でお願いします

net stop wuauserv
cd %systemroot%
ren SoftwareDistribution SoftwareDistributionold
net start wuauserv
net stop bits
net start bits
net stop cryptsvc
cd %systemroot%\system32
ren catroot2 catroot2old
net start cryptsvc

上記内容をテキストファイルへ記入して保存し、ファイル名を「Repair.bat」へ変更します。
Repair.batを右クリックして管理者として実行から起動し、終了したらパソコンを再起動します。

内容は恐らく、アップデートサービスを停めてファイルをリネイムしてサービスを開始し、バックグラウンド インテリジェント転送サービス (BITS)を再起動し、Cryptographic Servicesを停めてファイルをリネイムしてサービスを開始しているといった感じ。
Cryptographic ServicesはWindows Updateやらルート証明がらみのサービスみたいだ。

バッチファイルを作成して実行後に再起動してみたところ、アップデートの検索ができるようになった。

C80003F3


アップデートの検索ができるようになったと思ったら再び別エラー発動( ゚∀゚);',*;ガハ!!

Windows Update エラーコード:C80003F3

このエラーはWindows Update のコンポーネントのリセットをしなければいけないようだ。
修正モジュール
URL:https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/971058



8007000E


修正モジュール実行後に再起動してWindows Updateを確認すると再び別エラー8007000E発動(*`д´)ノ チキヒョー!!

このエラーはメモリ不足やセキュリティーソフトが原因で起こる場合もあるようだが、その辺に問題が無い場合には先に更新プログラムのKB3050265を適用すれば解決できるらしい。
URL:https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=47352

KB3050265を適用後に再起動してWindows Updateを確認するとやっと実行可能になった。2年分のアップデートが貯まっていたのでダウンロード+インストールで3時間ほどかかった( ゚∀゚);',*;ガハ!!

Windows7でUpdateができない

今回は二年ほど前にSSDへクローンバックアップしたのもを付け替えて動かした時に発生したものです。
ハードウェア構成も変わってないから二年間動かさなかったパソコンを動かしてというレベルなので何が原因だったのかは不明(・ω・)
二年間アップデートされなかったことがそもそもの原因なんだろうか。

それぞれのエラーに関してはWindows7以外でも発生しているようでOSに対応した修正プログラムなどが出ている模様。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/418-715e3445