バッファロー WHR-1166DHP3 レビュー 

小規模用の無線LANルーター

マンションで使っていたバッファローのWHR-G301Nが突然不能になってしまった。状態は電源ランプとDIAGランプが点灯のみで調べてみるとDIAGが赤点灯してる場合、再起動して改善されない場合本体の故障だから買い替えか修理しかないみたいだった( ゚∀゚);',*;ガハ!!

何度か再起動してみたりするが状態は変わらず、モデムのランプをチェックしてみるとLINK/ACTが消灯しているので完全に不通状態みたいだ。

バッファロー WHR-1166DHP3

ということで購入したのが6000円ほどのバッファローのWHR-1166DHP3です。一1部屋用だし多機能は必要ないのでシンプルなもので優先LANポートが4つ以上あるとなるとこれになる。これより下位の物は優先LANポートが3になるようだ。
あと、以前にバッファローのWXR-1750DHPを購入した際にiPhoneとの相性が悪かったのでバッファローじゃなくてNECにしようかとも考えたのだが…時間もないし使ったことのないメーカーのはちょっと嫌な感じがしたので止めた。

まぁiPhoneとの相性はiPhoneで固定IPを設定すれば解決はするし(笑)


 

WHR-1166DHP3

足は固定されていて横置きとか壁掛けはできない。

バッファロー WHR-1166DHP3

インターネット接続設定でプロバイダ情報を入力する画面で選択肢が「Bフレッツ・ADSL」と「フレッツ光ネクスト」しかなかったので、ドコモ光ってどっち!?まさかややこしいことになるのか…なんて思ったけど「Bフレッツ・ADSL」の方にすれば問題なかった。

設定画面


設定画面が今まで使ったことのあるものとインターフェイスが違うかったのでちょっと焦ったが詳細設定の中を見たところ、いままで設定したことのある程度基本的なことはできるようだったので安心した。

バッファロー WHR-1166DHP3 バッファロー WHR-1166DHP3

右上に並んでいるアイコンの地球儀のようなアイコンが赤くXになっているときはインターネットに接続できていない状態だ。そこをクリックしてプロバイダ情報の入力が正しいか確認が必要になる。

インターネット接続が正常な状態でプロバイダ変更する方法が見つからなかったので、そういった場合には本体のリセットボタンを押して設定の初期化をしないとダメかも…今までだと「インターネット接続を行う」っていう項目があってそこからプロバイダ情報の入力ができたんだけどなぁ。

プロバイダ変更方法

プロバイダの情報を入力する画面には直接いけないけど、インターネット接続を一旦停止すればできました。
詳細設定の「ステータス」-「システム」からインターネット接続を一旦停止します。

バッファロー WHR-1166DHP3

停止されると地球儀のマークがXになるのでクリックします。

バッファロー WHR-1166DHP3

しばらく待っているとPPPoEの設定を行うためのリンクが表示されます。

バッファロー WHR-1166DHP3

後はプロバイダ情報を変更すれば完了です。

バッファロー WHR-1166DHP3

変更する方法はバッファローのヘルプにも載ってないしわかりにくいなぁ。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/434-5610a0d6