iOS10にしたらLTEから4Gになった! 

結局表示の仕方の違いだけ


OS10

色々アプリの対応も完了しているみたいなのでやっとこさiPhone5SのOSをiOS10へアップデートした( ・∀・)

真っ先に感じた違和感は画面左上に表示されるネットワークの状態表示だ。

今まではTLEという表示だったが4Gと表示されるようになっている。以前だと3G=電波が悪いという感覚なので4Gという表示は非常に違和感があったんだと思う。

んで、TLEと4Gって…ちがうの?
そもそも4Gは、複数の通信規格を総称した呼び名であり、LTEはそのうちの一種です。4Gの中でも、LTEは最近特に勢いがある通信規格といえます。国内の大手携帯電話会社は、独自の名称でLTE対応のサービスを提供しています(NTTドコモ「Xi」(クロッシィ)、ソフトバンクモバイル「SoftBank 4G LTE」など)。

なお、LTEは、以前は3Gと4Gの橋渡し的な通信規格「3.9G」に位置付けられていました。しかし、世界的にLTEを4Gと称する通信事業者が増えてきたため、最近では4Gの一種ととらえる方が一般的になっています。

LTEのほかには、「WiMAX」が4G(3.9G)に相当する通信規格です。

※LTE:Long Term Evolutionの略語。日本語では“長期的進化”のような意味を持ちます。
NTT東日本ホームページより

結局のところ速くも遅くもなってなくて、4Gと称する方が一般的になってきたから表示をかえましたってだけっぽい。

おしまい。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/437-3151f7c3