Gmailで他のGmailのメールを受信する 

受信メールアカウントを追加

新たに作成したGmailに過去に使っていたGmailのメールを取り込みたいとか、利用頻度の少ないGmailのメールをよく利用するGmailで確認したいとか、Gmailのメールを他のGmailでも受信しておいてアーカイブとして使うなど用途はいくつかあると思います。

簡単にできそうなのですが、セキュリティの関係でうまく作業が進まないことが多いようです。

注意事項

取り込まれる側のGmailの設定に関して、以下の項目が一時的、或いは常時必要になります。

  • Googleでの設定で「安全性の低いアプリのアクセス」の項目をオンにする必要がある。
  • 2段階認証が使用できなくなる。

一つ目は、POP3アクセスはGoogleとしては安全性が低いっていう認識で拒否されるのこれを許可しないといけない。
二つ目は、Gmailからメールをダウンロードするのでアクセスしないといけません、でも2段階認証を使うと自動でアクセスできなくなるので使えなくなります。

ということで、取り込まれる側のGoogleアカウントのセキュリティレベルは下がってしまいます。

設定方法

2つのGmailの設定を変更しますので、別々のブラウザを利用して作業する方がやりやすいと思います。

今回は、取り込まれる側(ダウンロードされる側)のGmailを「SourceGmail」取り込む側(ダウンロードして確認する)のGmailを「TargetGmail」とします。

スポンサードリンク

 

取り込まれる側の設定

まずはSourceGmailの設定を行っていきます。

SourceGmailにログインして右上にある歯車アイコンから設定画面を開きます。

Gmailで他のGmailのメールを受信する

「メール転送とPOP/IMAP」タブにある「POPダウンロード」のステータスを有効にします。

1ではすべてのメールで有効にするか、設定後に受信するメールだけで有効にするか選択できると思います。

2ではダウンロード後にメールをどのような状態にするかを設定できます。
よくわからなければ「Gmailのメールを受信トレイに残す」で良いと思います。

3は説明なので特に設定はありません。

Gmailで他のGmailのメールを受信する

次に安全性の低いアプリの設定を下記URLから設定します。
SourceGmailでログインしたブラウザで設定してください。

安全性の低いアプリのアクセス:オンにする
URL:https://www.google.com/settings/security/lesssecureapps

Gmailで他のGmailのメールを受信する

次に2段階認証プロセスを下記URLから確認して有効な場合は無効にしてください。

2段階認証プロセス:無効
URL:https://www.google.com/intl/ja/landing/2step/

Gmailで他のGmailのメールを受信する

いずれの設定もGoogleアカウントからも設定できます。

取り込む側の設定

TargetGmailの設定を行います。

TargetGmailにログインして右上にある歯車アイコンから設定画面を開きます。

「アカウントとインポート」タブにある「他のアカウントでメールを確認」の「メール アカウントを追加する」をクリックします。

Gmailで他のGmailのメールを受信する

メールアカウント追加の画面が表示されますのでメールアドレスの欄にSourceGmailのメールアドレスを入力します。

Gmailで他のGmailのメールを受信する

次に「他のアカウントからメールを読み込む(POP3)」にチェックを入れて次へ進みます。

Gmailで他のGmailのメールを受信する

次にSourceGmailのアカウント情報の入力をします。

  • ユーザ名:SourceGmailのメールアドレス(@gmail以下も含む)
  • パスワード:SourceGmailのログインパスワード
  • POPサーバー:pop.gmai.comを選択
  • ポート:995を選択
  • 「メールの取得にセキュリティで保護された接続(SSL)を使用する」にチェックを入れる

その他の項目について:
取得したメッセージのコピーをサーバーに残す:pop.gmai.comではサーバーにメッセージをのこすことができないのでチェックを入れるとエラーになります。
このチェックを入れなくてもSourceGmail側の「POPダウンロード」の設定時に「Gmailのメールを削除する」を選んでいない限りSourceGmailのメールが消えることはありません。

受信したメッセージにラベルを付ける:複数のGmailを受信するならラベルを付けておいた方が分かりやすくて良いと思います。SourceGmailで付けてあるラベルは反映されません。

メッセージを受信トレイに保存せずにアーカイブする:受信トレイが煩雑になるのが嫌なら使った方がいいのかな?

Gmailで他のGmailのメールを受信する

「指定のユーザー名とパスワードによる POP3 アクセスはサーバーで拒否されました。」になる場合

設定が間違っているか、SourceGmail側での「安全性の低いアプリの設定」や「2段階認証プロセスの無効化」がなされていない可能性があります。

また、一度設定ミスなどでエラーになった場合にはそのアクセスが拒否状態になったままの可能性があるので、設定が間違っていないのに同じエラーが出る場合は下記URLより「Google アカウントへのアクセスを許可」を行ってみてください。

URL:https://accounts.google.com/displayunlockcaptcha

Gmailで他のGmailのメールを受信する

因みに上記アクセス拒否とはアプリの通信アクセスの事なのでGoogleアカウントにログインできるかどうかは関係ありません。

以上の設定が正常に終了しましたら受信に関する設定は終了です。
続けてSourceGmaiとしてTargetGmailからメール送信できるようにする設定も行えますが今回は設定しません(後で設定することができます)のでこれで完了です。

Gmailで他のGmailのメールを受信する

尚、設定完了後すぐはTargetGmailの設定画面の「他のアカウントでメールを確認」の個所で追加したメールアカウントが「メールの確認中」になっていると思います。

Gmailで他のGmailのメールを受信する

取り込むメールの数が多い場合はかなり時間がかかりますので気長に待ちましょう。

また、メールの移行などで今後SourceGmaiのメールの取り込みが必要ない場合は追加したメールアカウント(POP)の設定は削除しても問題ありません。
そのまま継続して取り込みを続ける場合は今回行った設定は全てそのままで利用してください。SourceGmaiにメールが届くと自動的にTargetGmailの方へもメールがダウンロードされます。
ダウンロードされるタイミングは即時ではなく10~15分くらいのタイムラグがあるようです。

取り込んだメールについて

全てのメールを取り込むといっても取り込めるのは受信メールだけなので、送信済みメールや下書きメールは取り込めません。
全てのメールを取り込む際にSourceGmai側のでラベル管理していたとしてもTargetGmail側には反映されません。SourceGmaiのメールを単に受信したという感じです。

スポンサードリンク

 

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/461-dd0b51fd