SunSpider JavaScript Benchmark 

ブラウザのベンチマークテストサイト

SunSpider JavaScript Benchmark
URL:http://www2.webkit.org/perf/sunspider-0.9/sunspider.html

ブラウザの表示速度を測定することができるサイトです。

他人とベンチマーク結果を比べるというよりは自分の環境下でブラウザごとにテストしたり、レスポンスが悪くなったブラウザでの改善作業前と後で結果を比べたりする時に使う感じでしょうか。

ページ内にある「Start Now!」をクリックすると測定が始まり、終了後に結果が表示されます。

色々なテストを行ってその処理にかかった合計タイムが「Total:」に記載されます。処理にかかった時間の合計なので数値は小さい方が優秀ということです。

せっかくなので私の使っているWindows7パソコンで試してみました。

スポンサードリンク

 

ベンチマークテスト

Firefox51 、Internet Explorer 11 、Google Chrome56でそれぞれテストしてみました。

環境

  • Windows7 Home Premium (32bit)
  • メモリ3.49GB
  • CPU Intel Core i5 750 2.67Ghz

Firefox51

ブラウザバージョン

RESULTS (means and 95% confidence intervals)
--------------------------------------------
Total: 342.3ms +/- 6.4%
--------------------------------------------

Internet Explorer 11

ブラウザバージョン

RESULTS (means and 95% confidence intervals)
--------------------------------------------
Total: 161.1ms +/- 0.9%
--------------------------------------------

Google Chrome56

ブラウザバージョン

RESULTS (means and 95% confidence intervals)
--------------------------------------------
Total: 295.4ms +/- 1.7%
--------------------------------------------

結果を見ると測定したパソコンでは
Internet Explorer 11 > Google Chrome > Firefox
という結果になりました。

Internet Explorer 11が一番速いんだ!というよりはGoogle Chromeを普段メインで使用しているのでパフォーマンスの低下が起こっているかもしれないと考えられます。

Internet Explorerって遅いものだと思ってたけれど、ちょこっと調べてみるとInternet Explorer 11はそれまでのInternet Explorerよりもパフォーマンス向上しているようで、Google Chromeよりも速くなっている?というような記事も見かけるので今回のベンチマークの結果順位は正常な可能性もありますね(笑)

ブラウザのベンチマークの使いどころは微妙な感じですが同ブラウザでの作業前後のテストには役に立つと思います。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/463-21069580