Firefoxをリフレッシュ! 

プロファイルフォルダの整理をする

Firefoxの性能改善として「Firefox をリフレッシュ」があります。
Firefoxのレスポンスが悪い場合や動作に問題がある場合にはリフレッシュを実行することで改善することがあります。私の場合は過去に動画再生時に頻繁にクラッシュするという症状の際にリフレッシュを実行することで改善されました。

リフレッシュを実行してもCookieや閲覧履歴などは消えないのですが、Firefoxオプションでの設定やアドオンは削除されてしまいます。特にアドオンを多用している場合は注意です。
といってもインストールをしなおすしか手はなさそうなので、利用しているアドオンのリストくらいは作成してからリフレッシュを実行しましょう。最悪の場合に備えてプロファイルフォルダのバックアップも取っておいた方が良いでしょう。

エントリー:Firefoxのバックアップ方法

スポンサードリンク

 

リフレッシュを実行してみる

Firefoxの右上の三本線をクリックして下にあるヘルプ(?マーク)をクリックします。

Firefoxをリフレッシュ!

「ヘルプの中のトラブルシューティング情報」」をクリックします。

Firefoxをリフレッシュ!

トラブルシューティング情報画面を開くと右上に「Firefoxをフレッシュ」ボタンがあります。

Firefoxをリフレッシュ!

ダイアログ画面の「Firefoxをフレッシュ」をクリックすると開始します。

Firefoxをリフレッシュ!

リフレッシュ実行時間はそんなに長くありませんでした。

Firefoxをリフレッシュ!

タブ情報は残っているので作業前のタブを復元することができます。

Firefoxをリフレッシュ!

セキュリティ証明書などリフレッシュによって削除され、再起動をしないとFirefoxにインストールされない物があるようなので、作業が終わったらFirefoxを再起動してから使ってください。

ベンチマーク

リフレッシュ前とリフレッシュ後のベンチマークをJavaScript Benchmarkで測定してみました。

リフレッシュ前
RESULTS (means and 95% confidence intervals)
--------------------------------------------
Total: 342.3ms +/- 6.4%
--------------------------------------------

リフレッシュ後
RESULTS (means and 95% confidence intervals)
--------------------------------------------
Total: 325.1ms +/- 4.5%
--------------------------------------------

ちょっとだけパフォーマンスアップ?
まぁ使っててそんなに重いという程でもなかったのでこんなものでしょう(笑)

スポンサードリンク

 

関連記事

  • Firefoxのバックアップ

  • この記事へのコメント

    コメントをお寄せ下さい

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/466-9b48d136