Windows10への無料アップグレードディスクはまだ使える? 

期間は過ぎたけど…

2016年7月29日にWindows7、8.1からWindows10への無料アップグレードキャンペーン期間が終了しました。

2017年3月私の机の上にはまだ無料アップグレード期間中に作成したディスクが転がっております。

Windows10への無料アップグレード

今これを使ってアップグレードしたらどうなるんだろうか?って思ったので稼働中のWindows7 Homeを使って試しにやってみた。

作業は基本的に無料アップグレード期間中に行った作業と同じようにしますが、セットアップはDVDから行います。DVDをブートさせたメニューからはアップグレードはできないのでWindows7上からアップグレードの実行ファイルを起動します。

スポンサードリンク

 

作業開始

DVDを入れてアップグレードの開始です。

Windows10への無料アップグレード

今回はテストだけなので更新プログラムはあっても無視します。

Windows10への無料アップグレード

ライセンスに同意します。

Windows10への無料アップグレード

インストールが開始前の準備が始まります。

Windows10への無料アップグレード

Windows7 Homeでの作業なのでインストールされるのは自動的にWindows10 Homeになります、その他インストールはデフォルトのまま進めることにします。

Windows10への無料アップグレード

再起動を何回か挟みながらインストールは中断することもなく進んでいきます。

Windows10への無料アップグレード

Windows10のインストール自体は特に何もなく終了しました。

Windows10への無料アップグレード

簡単設定で進めます。

Windows10への無料アップグレード

ここもそのまま進めます。

Windows10への無料アップグレード

アプリの選択画面もそのまま次へ進みます。

Windows10への無料アップグレード

更新プログラムの更新があるようですが実行せずにWindows10を開始します。
これで初期設定は終了です…ということはここまでアクティベーション関連の項目がなかったのでWindows10が開始された時にライセンスの状態がどうなっているかという問題だけになりますね。

Windows10への無料アップグレード

Windows10開始後すぐにライセンスの確認をしてみたところ、無料アップグレード期間は過ぎていますがライセンス認証は済んだ状態になっていました。

Windows10への無料アップグレード

この後、以前と同様に32bitから64bitへの変更も行ってみましたがランセンス認証されたまま変更が可能でした。

スポンサードリンク


無料アップグレード延長?

なーんだ普通にアップグレードできるやないのなんて思ってたら、

「障碍者(しょうがいしゃ)向け支援技術製品をご利用のお客様向け Windows 10 アップグレード」
URL:https://www.microsoft.com/ja-jp/accessibility/windows10upgrade

なんてのを見つけました。

本来は支援技術製品を利用している技術者むけのようなのですが、「支援技術製品」とは何を指すのかもよくわからず、アップグレードする為の申請など特に無いようで本当はダメだけど誰でもできちゃうようです。

これを使ってアップグレードした記事を見たところ、ダウンロード先よりセットアップファイルをダウンロードして実行するとこのエントリーでした内容と同じ流れでアップグレードが進んでいくようでした。

アップグレードの際のライセンスの取り扱いがどうなってるのか良く分からないですが、この障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け Windows10 アップグレードができるうちは以前の無料アップグレード用DVDでもアップグレードできそうな気がしますね。

因みに、無料アップグレード期間後に無料アップグレード用DVDでアップグレードを行ってライセンスが引き継げなかったという人もいるようです。Windows10無料アップグレード期間初期に作成したアップグレードディスクと終了前に作成したアップグレードディスクでは少し違うようなのでその違い?はたまた、やり方が悪いのかはよく分かりません。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/470-6c457159