iPhoneのメモアプリの注意点 

メモの保存先はiPhoneではない

使用端末はiPhone5S iOS10.2.1になります。

iPhone標準のメモアプリをちょこっとしたメモ用に使っている。

Gmailと同期しているのでiPhoneでメモを作成するとGmailにNotesラベルが作成されてそこへiPhoneで作成したメモが保存される。iPhoneでメモを更新すればGmail側も更新される。

iPhoneのメモアプリ

Gmail側では更新できなくて、一見Gmailに届いたメールのように見えるのだけど、Gmail側でこのNotesの中に届いたメモを削除するとiPhoenのメモアプリからも削除されてしまう。

どうやら同期というよりも保存先をGmailにしているだけみたいだ。
保存先がGmailになっているにも拘らずGmail側ではメモの編集はできません(笑)
スポンサードリンク


メモの保存先はフォルダとして扱われるみたいでGmailの他にICLOUDも選択できるのでGmailのNotesが目触りな場合はICLOUDに保存しておけば良いでしょう。
ICLOUDへの保存であればiPhoneからでもICLOUD(ブラウザでのアクセス)からでも編集が可能です。

iPhoneのメモアプリ

iPhoneには保存できないのか!?って思ったけどiPhoneに保管するように設定もできるみたいです。

iPhoneの「設定」の「メモ」の中にある「iPhoneアカウント」をオンにすれば使っているiPhoneへメモを保管できるようになります。同期しながらiPhoneにも保管することはできないみたいなので、特にどこかに同期を取って保管しなくても良い場合しか使えませんけど。

iPhoneのメモアプリ iPhoneのメモアプリ

最初は、文字を書くだけのメモ帳だと思っていたけど、インターネットのページの挿入や写真の挿入もできるので思ってた以上に便利です。

iPhoneのメモアプリ iPhoneのメモアプリ

同期しなくなった場合

iOSのアップデート後などGmailとの同期が行われなくなってしまう事があるようです。

私も記事を書きながら設定を確認したり変更したりしていたらGmailと同期できなくなってしまいました。

iPhoneの再起動など行いましたが改善せず、iPhoneで設定してあるGoogleアカウントを削除してからもう一度登録することで同期するようになりました。
「設定」 - 「メモ」 - 「アカウント」 - 「Gmail」にある「アカウントを削除」

このアカウントを削除を行うとiPhone側からは一旦Gmailに保管してあるメモは見れなくなります。私が行った時には再度同期した際にGmailのNotesに残っていた最後に同期したときのメモがそのまま反映されましたが、最悪メモが全て消滅する可能性もあるのでアカウントの削除前にはメモを別な物にコピーしておく方が良いでしょう。

ICLOUDとの同期ができなくなった場合は端末の再起動で改善する様です。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/471-f499335d