Cortanaを無効にする方法 

マイクが無ければ必要ない?

Windows10から導入された「Cortana」ですがマイクが接続されていない環境ではそもそも利用できません。便利なのかどうかもよくわからないですが使えない、使わないなら無効にしたくなるのが世の常です。

Cortanaを無効化

初期の頃はCortanaの個所で無効にできたと思うのですが、Windows10 Anniversary Update以降は簡単に無効にできなくなったようです。

Cortanaを無効化するにはグループポリシーエディター、又はレジストリの設定を変更する必要があります。

また、Windows10 Home ではグループポリシーエディターは搭載されていませんので、レジストリでの設定しかできません。

スポンサードリンク

 

グループポリシーエディターでの設定

検索ボックス又はファイル名を指定して実行(Windowsキー+R)に「gpedit.msc」と入力してグループポリシーエディターを起動します。

「コンピューターの構成」 - 「管理用テンプレート」 - 「Windowsコンポーネント」- 「検索」にある「Cortanaを許可する」を開きます。

Cortanaを無効化

「無効」にチェックを入れ「適用」を押し完了です。

Cortanaを無効化

レジストリエディターでの設定

検索ボックス又はファイル名を指定して実行(Windowsキー+R)に「regedit」と入力してレジストリエディターを起動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Windows Search

Windows Searchを右クリックして「新規」 - 「DWORD(32bit)値」を追加し下記データをセットします。

値のデータ:0
表記:16進数

Cortanaを無効化

「OK」を押して完了です。

以上どちらかの作業後が完了した後に再起動するとCortanaが無効な状態になっています。

Cortanaを無効化

Cortanaをオンにしたままだと間違って開いた時に突然しゃべりだしたりしてうるさいんですよね(笑)

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/474-55f03fa9