Windows Vistaのサポート終了まであとわずか! 

2017年4月11日で終了

なんの話題にもなっていないような気もしますが、Windows Vista Service Pack 2(以下、Vistaと表記します)の延長サポートが2017年4月11日に終了します。

シェアが低いとはいえまだ利用している人も割といたりします。

現在でもVistaを使っているような人はそもそもパソコンに興味がない人が多いような気がするのでサポートが切れること自体知らないかもしれません…偏見です(笑)

4月11日を過ぎたからVista搭載パソコンは使えなくなるのかというとそうではないので、Vistaのサポートの終了を知ってもそんなに慌てる人もいないでしょうし、慌てる必要もないのが現状です。

とはいえ、Windows XPのサポート終了後に思ったことは日が経つにつれて利用範囲が狭められていくということです。

Windowsが動いても対応しないものが増えてくると段々と不便になってきます、新しいソフトや周辺機器の導入ができなくなり、古いバージョンでもいいやと使っていると古いソフトでは動かないという状況になります。

スポンサードリンク


特に最近ではクラウド化が進んでいるのでパソコンもオンラインでの使用がより多くなるでしょう。

ですのでブラウザがVistaに対応しなくなるのでバージョンアップができない、バージョンアップをしていないので接続できないホームページがある。ホームページへアクセスできないので当然サービスは利用できない、利用するための登録ができないなど考えられます。

私の経験ですとDropboxは最終的にXPではアプリケーションは動いていてもサーバーへログインができない状態になりました。

セキュリティソフトもVista対応が終了すると意味をなさなくなってしまいます。

Windows XPの時はなんだかんだと延長があったしシェアが高かったので、それなりに使おうと思えば使っていることもできましたが、Vistaだと来年くらいにはもうとても使える状態ではないかもしれないと思ってたりします。

まぁそれでも最近だとスマートフォンを持っていればパソコンなくても何とかなることも多いし困ることも少ないかもしれませんが、サポート終了前の買い替えキャンペーンなんてやってる店もあるみたいなので買い替え時かもしれませんね。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/482-2d69f832