iPhoneのバックアップ方法 

バックアップ方法は2通り

iPhoneやiPadでのバックアップは「iTunes」と「iCloud」の2通りがあります。

それぞれのバックアップの違い

iTunes iCloud
保管場所 バックアップを実行したパソコン クラウドに保管
容量 パソコンの空き容量分 無料5GBで最大1TB
データ暗号化 自分で指定 常に暗号化
タイミング パソコンに接続時(自動or手動) Wi-Fi接続時どこでも

そして、バックアップ内容も異なります。

iCloudでのバックアップでは
  • デバイスの設定
  • カメラロールの写真や動画
  • アプリデータ
  • ホーム画面の配置
  • 音楽、アプリなどの購入歴
  • メッセージ類(復元にはバックアップ時に使っていた SIM カードが必要)

iTunesでのバックアップですとデバイスにあるほぼ全てのデータがバックアップされるようです。

iCloud、iTunesどちらでバックアップしても対象にならない物は
  • キャリアメールの設定
  • Touch ID の設定内容
  • Apple Pay の情報と設定内容
  • iTunes から同期したコンテンツ

iTunesで購入した音楽、動画はiCloudのバックアップには含まれませんが再ダウンロードが可能です。
バックアップ対象の詳細は今後変更などもあるでしょうが、できるならばiTunesでバックアップをとったデータを復元したいですよね。

自宅でWi-Fi接続しているなら自動でiCloudにバックアップするようにしておいて、定期的又は復元する事前準備ではiTunesでバックアップをしておけば安心です。

アプリの状態は?

私の経験上でのお話にはなりますが、ゲームアプリは基本ログイン情報もそのまま復元されましたので移行作業は行わなくてもすぐにプレイできるようです。

その他、LINEやGmailなどアプリによっては本人確認や再ログインが発生する場合も割とあります。

スポンサードリンク

 

iCloudにバックアップ

「設定」 - 「iCloud」 - 「バックアップ」

iCloudバックアップをオンにしていればWi-Fi接続時に「電源に接続されている」「ロックされている」の条件を満たした時にバックアップが開始されます。

「今すぐバックアップを作成」をタップすれば直ちにバックアップが開始されます。

iPhoneバックアップ

バックアップ時間は3分程で完了します。

データ量が多すぎてバックアップできない場合

基本的にiCloudの領域拡大のオプションを購入しなくてはいけないですが、少し足りないだけという場合ですとその場しのぎですが、ゴミ箱に残っている写真や動画などを完全に削除すればデータ量を少し減らすことができます。

iTunesでパソコンにバックアップ

パソコンへiTunesのアプリケーションをインストール後に、iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続し使用しているパソコンを信頼する手順を踏みます。

iPhoneとの接続が完了すると、iTunes上部にiPhoneアイコンが現われるのでクリックします。

iPhoneバックアップ

概要にあるバックアップの個所で設定を行います。

自動にバックアップ

自動バックアップの方法をiCloudへのバックアップかパソコンへのバックアップかを選択できます。こちらで「このコンピュータ」に設定をするとiPhone側の「iCloudバックアップ」はオフになります。

手動でバックアップ/復元

「今すぐバックアップ」を押すとバックアップが開始されます。

iPhoneバックアップ

iTunesでのバックアップも3分ほどで完了します。

最終バックアップの日時もこの画面で確認します。

iPhoneバックアップ

Appの個所ではアプリごとにバックアップができます。
写真や音楽など個別にバックアップを取りたい場合にはこちらを利用します。私の場合は対象となるデータが何もないので何も表示されていないですが(*/∇\*)

iPhoneバックアップ

バックアップの確認

iTunesのメニューより
「編集」 - 「設定」 - 「デバイス」からバックアップしてあるデバイス名および最終バックアップ年月日時間が確認できます。

iPhoneやiPadなど自動で同期させたくない場合には「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れておけば全てのデバイスに対して自動同期が無効になります。

iPhoneの復元

バックアップの保管場所

iTunesでバックアップしたデータの保管場所は以下になります。

C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup

Backupの下にある40の英数字文字の羅列のフォルダがバックアップデータになります。

スポンサードリンク

 

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/486-e263aeb3