Apple iPhone SE レビュー 

iPhone SE ゴールド 64GB

仕様

  • サイズ:123.8 x 58.6 x 7.6 mm
  • 重量:113g
  • OS:iOS10
  • CPU:64ビットアーキテクチャ搭載A9チップ/M9モーションコプロセッサ
  • カメラ:12メガピクセル
  • Retinaディスプレイ
  • Touch ID:指紋認証センサー

付属品

  • ヘッドフォン
  • ACアダプタ
  • Lightningケーブル

iPhoneの機種変更

iPhone 5sからの機種変更になります。

ディスプレイサイズ4インチも変わらず、外寸も全く同じ、重量も1gしか変わらないのでケースを付けて覗き見防止フィルターを付けると機種変更したことなんて誰も気づきません( ゚∀゚)・∵. ガハッ

iPhone 5sの時はどうせアプリなんかそんなに使わないしとか思って16GBを選択しましたが、あっという間に容量不足になってやりくりが大変だったので今回は64GBにしました。

性能自体には不満はなく快適に使えてましたが、同じアプリを使い比べてみたりするとやっぱりiPhone SEの方が動作がかなり速くてびっくりします。

CPUのA7とA9の性能の違いなのか(σ・∀・)σ

そういえば、iPhone 5sの時には時々アプリが突然落ちたりすることがあったけどメモリが1GBから今回は2GBになったのでそういう事も少なくなるかな。
スポンサードリンク

 

ベンチマーク比較

3DMark、GFXBench GL、GFXBench Metal、PerformanceTest Mobileを使ってiPhone SEとiPhone 5sとで比較して見ました。

3DMark Ice Storm Benchmark

まずは定番の3Dベンチマークソフト。 Ice Storm Extreme だとMaxed outしちゃうのでUnlimitedで計測しました。
スコアは大きいほど優秀となります。

iPhone SE:29325
iPhone 5S:15258

iPhone SEベンチマークテスト結果 iPhone SEベンチマークテスト結果


GFXBench GL 3.1

GFXBench GLもグラフィックの性能テストがメインになります。
オフスクリーンベンチマークは様々なディスプレイ解像度を持つデバイス間でのスコアを比較するためのベンチマークで、どのデバイスでテストしても同じ解像度(1080p)のベンチマークスコアが算出されます。
スコアは大きいほど優秀となります。

マンハッタン
iPhone SE:3616Frames
iPhone 5S:1839Frames

1080p マンハッタンオフスクリーン
iPhone SE:2636Frames
iPhone 5S:924Frames

iPhone SEベンチマークテスト結果 iPhone SEベンチマークテスト結果

GFXBench Metal 3.1

GFXBench MetalではAppleが開発したA7チップから実装されたグラフィックAPIの「Metal」を使った処理能力のテストができます。
OpenGLはMetalはiPhoneでもAndroidでも使えるオープンなAPIで、MetalがiOS端末専用という感じ?独自開発することでいろんなものに対応させてiOS端末の本来持ちうる性能を存分に発揮させることができるらしい。

スコアは大きいほど優秀となります。

マンハッタン
iPhone SE:3630Frames
iPhone 5S:960Frames

1080p マンハッタンオフスクリーン
iPhone SE:1789Frames
iPhone 5S:333Frames

iPhone SEベンチマークテスト結果 iPhone SEベンチマークテスト結果

PerformanceTest Mobile

PerformanceTest Mobileはグラフィックテスト以外にCPUやストレージなど各パーツのテストスコアも算出されます。

Diskスピード
iPhone SE
 Write:173MByte/sec
 Rread:606MByte/sec
iPhone 5S:
 Write:35.2MByte/sec
 Rread:234MByte/sec

iPhone SEベンチマークテスト結果

違いが体感できるだけあってどのベンチマークのスコアもiPhone SEの方が2倍ほど良い結果になっています。

ストレージに関しては同じ機種でも容量が大きい方が優れているらしいので64GBのiPhone SEの方が速いのは当然の結果ともいえます。

公式では動画再生時間がiPhone SEで最大13時間、iPhone 5Sでは最大で10時間となっているので、iPhone SEはパフォーマンスが大きくアップし、バッテリーの持ちも良くなって見た目は変わらないけれど大きな進化の形跡が見られますね。

スポンサードリンク

 

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/494-7a49e98c