Adblock Plus で広告ブロック 

広告前提なサービスに注意

Adblock Plusはブラウザ用のアドオンになります。
URL:https://adblockplus.org/en/

Adblock Plus

Google Chrome用:https://chrome.google.com/webstore/detail/adblock-plus/cfhdojbkjhnklbpkdaibdccddilifddb?hl=ja

Mozilla Firefox用:https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/adblock-plus/

Opera用:https://addons.opera.com/ja/extensions/details/opera-adblock/?display=ja

一部非表示にならない広告もあるようですが、YouTubeの広告は完全に表示しなくなるので快適に動画を見ることができます(笑)

使い始めて分かった事はフリーメールや無料ブログなど広告を表示することを前提に無料で提供されるサービスなどではAdblockで広告をブロックしてしまうと一部機能が利用できなくなったり、警告的なメッセージが出る場合があるので注意です。

厳しいところだとペナルティーでアカウント停止とかありえるかもしれません。

広告表示を許可するサイトを表示して「ABP」のアイコンをクリックしてして「このサイトで有効」をクリックするとそのサイトで広告が表示されるようになります。
また、オプションからも広告表示を許可するサイトをホワイトリストへドメインの登録ができます。

スポンサードリンク

 

特定のサイトのみ広告をブロックする方法

通常は許可したサイトだけで広告が表示されますが、オプションから自作フィルタを追加すればフィルタを追加したサイトのみで広告ブロックするようになります。

特定のドメインにだけ適用する

きちんと理解しようとしてもよくわからないので簡単に使えそうなものを見つけたのでメモしておきます。
フィルタリストタブにあるフィルタを有効にしておくと使えます。

@@*$document,domain=~サイトのドメイン

YouTubeで表示される広告だけをブロックしたい場合の例
@@*$document,domain=~youtube.com

複数サイトを指定する場合は「|」で区切って指定する。
@@*$document,domain=~youtube.com|~example.com

自作フィルタを追加した後に、Adblock Plusが無効になっているサイトでAdblock Plusを有効に変更すると自作フィルタに登録したサイトは消えてしまいます。

自作フィルタで指定しているサイトでAdblock Plusを無効にした場合には自作フィルタは残っているので、再び自作フィルタで指定しているサイトでAdblock Plusを有効にすれば自作フィルタが適用されます。

インターネットではそこらじゅうにあるアドセンス広告など次々にブロックしていくためにメモリを食います。
パソコンのメモリ使用量が気になる場合には特定のサイトだけをフィルタに追加して運用するのが良いですね。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/495-18599c7f