モデム再起動で一時的に通信速度低下が改善される理由 

改善策じゃなくて一時的な対応でしかない

マンションタイプのドコモ光でプロバイダをぷららに変更した当初、夜になると通信速度が異常に低下する問題が起こった。ぷららに連絡して対応策を確認したところモデムの電源を切って15~20分後に電源を入れるという手順の再起動を試すように言われた。

それからは異常に遅くなるようなことは特になく、深く考えることもなく解決した物だと思っていた。

しかし、半年ほど経って再び夜になると速度低下が激しくなり、今度は再起動を行っても改善されない状況に陥ってしまった。

再起動で改善する理由

インターネット通信は契約している回線事業者のひいた回線を通しプロバイダ経由でインターネットへアクセスします。

プロバイダや地域によって異なるみたいですが、プロバイダを経由する為の経路はいくつか用意されています。どの経路を利用するかは自動で振り分けされるらしいがその経路が混雑しているからと言って空いている経路へ振り分けされるような仕組みはないみたいです。

そこで、自宅のモデムなどの機器を15~20分の間電源を落として再起動することによってプロバイダを経由する経路がリセットされ、もしその時に空いている経路があればそこへ振り分けされるので速度低下が改善したように思えるということです。

スポンサードリンク

 

しかし、これはただ単に、リセットして空いている所を使うというだけなので、その時に利用できるプロバイダの経路が全て混雑していると速度低下の回線は当然見込めません。

プロバイダが原因で速度低下が起きている場合では結局のところプロバイダが改善するのを待つかプロバイダを変更するしか方法は無いという事になってしまいますね。

ベストエフォートとは?

通常のインターネット接続サービスはベストエフォート型のサービスなので速度が遅くても通信ができている状態であるならば個人に対して企業として何か対策してくれることはないでしょう。

ベストエフォートとは「通信速度の品質は保証できないが、最善の努力を尽くします」という意味なので1Gbpsの契約をしたにも関わらず1Mbpsしか速度がでなくてもまぁそんなもんですよって言われたら終了です。

100Mbpsの契約でも80Mbps以上の速度が出ることも普通にありますから、光回線で1Mbps程度の速度しかでないなんて詐欺にでもあった気分になるのは当然のことです。

クレームの電話を入れれば一応親身に相談に乗ってまくれますが、プロバイダ側の混雑が原因だと結局は機器の再起動によるリセットでしか対応する方法がなく、リセットしても改善されなければ今後の対応をまってねちゃんちゃんってしまいますよね。

速度低下の原因の切り分け

NTT回線または、光コラボレーションの場合ですとプロバイダを経由しない速度測定が可能なので、プロバイダが原因なのかNTT網又はそれに関する設備の問題なのかの切り分けができます。

方法はパソコンとモデム(或いはONU)を直接LANケーブルで接続します。
その状態でパソコンでインターネット接続できるようにPPPoE接続の設定を行います。
要するにルーターを使わずインターネットできる様にパソコンの設定をすればよいだけです。

設定が完了してインターネット接続ができるようになったら以下のページへInternet Explorerでアクセスし、速度測定をおこないます。(Internet Explorer以外のブラウザではエラーになる事が多いようです。)

よく分からない場合はhttps://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n322580の「IPv4のNGN速度テスト」のあたりを見ると分かると思います。


上記サイトでの速度測定の結果が正常であるならば、プロバイダ経由することで速度低下が起こっているという事になりますのでプロバイダへその旨を報告し対処してもらうしかありませんが、すぐに改善することは難しいでしょうね。

私もNTTの速度測定をするために作業を行ってみたのですが、NTTの速度測定サイトへのアクセスがどうしてもできませんでした。原因は不明ですが中にはそういう環境もあるようです。

その場合はNTTの故障受付へ連絡し状況を説明しつつ「速度低下が著しいので回線に異常が無いか調べて貰えませんか?」と伝えればNTT側から自宅の機器に対して回線のスピードの調査を行ってくれるはずです。(私もADSLの頃にチェックしてもらったことがあります。)

故障受付連絡先

  • NTT東日本 :0120-000-133
  • NTT西日本 :0120-248-995

NTT系サポートやドコモショップ、インターネットの情報を色々と探りましたが、プロバイダの混雑が原因という結論にいたった場合はプロバイダの変更をするしかないという感じですね。

関連記事


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/508-4b91acc7