GMOとくとくBBのV6プラス通信開始 

ルーターを接続するだけ

環境はドコモ光マンションタイプでプロバイダがGMOとくとくBBになります。



GMOとくとくBBでV6プラスサービスを利用するには「Wi-Fiルーターレンタルサービス」の登録をしないといけません。

ドコモ光回線の場合は「Wi-Fiルーターレンタルサービス」は0円です。

自分で「V6プラス」対応のルータを持っていたとしても「Wi-Fiルーターレンタルサービス」の登録をしてルーターをレンタルしないといけません。

レンタルするルーターは市販のルーターと何か違うのかと思いきや、市販されているルータが新品未開封でそのまま送られてくるだけです(笑)

GMOのV6プラス通信開始

ルータが届いたら設置そして設定を行います。

スポンサードリンク


ルーターの背面にあるスイッチがデフォルトで「AUTO」になっているので「MANUAL」に変更します。
その下のスイッチは「ROUTER」のままでいいんですけど、ONUにルーター機能が付いている時は「AP」に変更しないとトラブルになるんじゃない?付属している説明書には「MANUAL」に変更してくださいって記載しかないんですよね。

GMOのV6プラス通信開始

後は普通にモデムからとパソコンへのLANケーブルを接続してルーターの電源を入れて3分ほど待てば開通です。

ルーターのプロバイダ設定は!?って思ったんですが、V6プラスの契約をしている場合はプロバイダ側がユーザとの通信の設定を行うのでユーザ側からは設定の必要がないって感じみたいです。

んで、本当にV6プラス接続しているのか確かめる方法を探していたらJANISというプロバイダの「フレッツ接続判定ページ」で確認できました。ドコモ光はフレッツ網を利用しているので、JANISを使っていなくてもフレッツ接続契約をしていなくてもV6プラスかどうかは判別できるみたいです。

JANIS「フレッツ接続判定ページ:http://hantei.janis.or.jp/

GMOのV6プラス通信開始

通信速度測定

さて、一番大事な夜の速度低下が解消されているかどうかという問題です。

20:40 V6プラス非対応ルータ使用時
パソコン1台だけの使用なら3Mbps程は出るみたいですが、iPhoneでアプリのアップデートとか複数台の使用になると1Mbps以下まで落ち込む状態です。

GMOのV6プラス通信開始

21:06 V6プラス対応ルータに交換後
60~90Mbps
おおぉ!遅くても60Mbpsは出ているので体感速度も全然違います。
複数台利用時も速度が極端に落ち込むことはないので快適です。

GMOのV6プラス通信開始

23:14 80Mbps前後
問題なく速度がでています。

GMOのV6プラス通信開始

問題解消?

速度低下という問題はおそらく解決したのではないかと思います。

ただV6プラスを利用すると以下のサービスが利用できなくなります。

  • 固定IPサービス
  • 特定のプロトコル(PPTP、SCTP)を利用するサービス
  • 一部オンラインゲームなど、特定ポートを使用するサービス
  • IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービス
  • 利用可能なポート番号、ポート数に制限があるため、外部へサーバ公開をお考えの方はご利用できません。

固定IPやサーバ公開なんかは恐らく私には関係ないと思いますが、オンラインゲーム関連やPPTP、SCTPが利用できないというのは何か影響が出てくるかもしれません。PPTPサービスが使えないと外部からアクセスする機能が使えなくなるってことですよね。

対処方法

もしオンラインゲームをしていてV6プラス接続の為に通信ができない状況になった場合どうすればよいか…V6プラスを使わない接続方法ができれば遅くても通信はできるんじゃないかなと思って少し調べてみました。

V6プラス対応ルーターを経由しなければ通常のIPv4接続になるので単純にV6プラスルーターの手前にスイッチングハブをかましてスイッチングハブからオンラインゲームをするパソコンへ接続すれば通信はできるみたいです。

GMOのV6プラス通信開始

遅くてどうしようもないからV6プラスにしているのにV6プラスを使わずにオンラインゲームができるとも思いませんが…とりあえず通信はできる方法ってことでしかないですね。

スポンサードリンク


関連記事


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/516-472ff0ed