iPhoneのLive Photos 

前後1.5秒動画写真

iPhone 6s/6s Plusから搭載された「Live Photos(ライブフォト)」はシャッターボタンを押す前後1.5秒ずつの3秒間の間の映像と音声が保存される写真です。

カメラ上部真中の二重丸に点線が被さったアイコンをタップすることでオン、オフの操作ができます。

Live Photos

ボタンを押す前の1.5秒も撮影対象になるのでボタンを押す前からiPhoneをしっかりと固定させとかないとぶれてしまいます。

使ってみると「おぉ!すごいな!」って思うんですけど…どういう時にLive Photosを使うのかちょっと思い浮かびません( ゚∀゚)・∵. ガハッ

撮影したLive Photos写真は普通の写真や動画と同じくiPhoneのカメラロールへ保管されて、写真を指で押しこむと押している間再生されます。

iOS10からはLive Photos写真も編集ができるようですが、編集できるのはフィルターや明るさ変更などの写真としての編集のみになります。

Live Photos写真をパソコンに取り込んでみましたが、普通のjpg写真として保存されます。

調べてみるとLive Photos写真が動くのは現時点ではApple製品だけのようですが、「Lively」というアプリを使ってLive Photos写真をGIFアニメや動画に変換することが可能なようです。

スポンサードリンク

 

Live Photosを無効にする

Live Photos機能を無効にすることはできないようです。

初期設定ではカメラ起動時にLive Photosがオンになるようになっていますので、それをオフにすれば一度Live Photosをオフにしておけば次回からはLive Photosオフ状態で利用可能です。

設定の「写真とカメラ」を開きます。

Live Photos

次に「設定を保持」をタップします。

Live Photos

設定を保持の「Live Photos」をオフにすることで前回使用した状態で起動するようになります。

Live Photos

写真のサイズ

Live Photos写真は動画と音声を含んでいるので通常の写真よりもサイズが大きくなります。

パソコンへ取り込んだ際はjpg写真になりますがサイズは少し大きいようです。

スポンサードリンク

 

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/519-13395a58