Windowsの完全シャットダウン 

電源ボタンを押すだけじゃダメ!

トラぶってどうもならない時には電源ボタン長押しして強制終了って昔からよくやりますよね。

「電源ボタン長押しして電源落としてください」って言っても少し押しただけで諦めて電源が落ちませんっていい返してくる人もいるから私は「電源が落ちるまで押し続けてください」っていうんですけどね。

んで、Windows8以降のOSのトラブル対応ってあんまりしたことが無かったんで最近知ったのですが、Windows8以降のOSでは普通にシャットダウンするだけでは完全にシャットダウンしないんです。

Windows8以降のOSでは「高速スタートアップ」が有効になっているので、通常シャットダウンすると「Windows休止状態」になるだけです。

完全シャットダウン方法

Shiftキーを押しながらシャットダウンをすることで完全シャットダウンができます。

強制終了の場合もShiftキーを押しながら電源ボタンを長押しすると聞いたのですが、調べてみるとそういった記事が見当たらないんですよね。

電源ボタンの長押しで終了させると通電自体を切断してるような気もするしShiftキーを押しながらって必要ないような?電源ボタンを押したらシャットダウンになる設定の時と勘違いしてるような気もしますが…

それか、もしかしたら電源ボタンを押すとスリープになることを防ぐための操作としてShiftキーを押すという事かもしれません。

高速スタートアップを無効にする

毎回きちんと電源が落ちた状態にしておきたいという場合には高速スタートアップを無効にしておきましょう。

電源オプションの「電源ボタンの動作の選択」を開きます。

Windowsの完全シャットダウン

「シャットダウン設定」にある「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外してください。
※項目がグレーアウトしている場合には「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックしてください。

Windowsの完全シャットダウン

スポンサードリンク

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/521-73b3ae5e