Canonプリントヘッド部品の販売中止 

プリントヘッド販売中止

先日iP3100のプリントヘッドを注文したところ、キャノンの販売店からiP3100のヘッドは販売できないようになったと連絡がありました。
iP3100はヘッドを交換しても印刷トラブルが改善されないことが多かったので、出荷をやめたのかと思いきや!
2009年2月10日にすでにインクジェットプリンター/パーソナル向けFAX用プリントヘッド全て販売終了していたようです。

キャノンのプリントヘッドはユーザがヘッド交換をするこができて便利でした。基本、プリンタヘッドは商品ではないので、量販店の店頭で売っていることは少ないですが、部品注文をすれば取り寄せも可能でした。
私も経験がありますが、ヘッドを交換しても印刷のトラブルが改善しない場合もあり、不具合の起こったプリンタで新品のヘッドを使用することにより、新品のヘッド自体が不良品になるような現象も起こったことがあります。
そのようなことが最近の機種では良く起こっていたので、恐らくヘッド交換により改善されない症状が多発してクレームが増えすぎたのかもしれません。
ヘッドの値段自体が高いのでクレームも多かったのかもしれませんね。
ヘッドの取り外しはできるので、ユーティリティからクリーニングして改善されない場合は取り外してクリーニングすることはまだできますが、大分不便になってしまいました。

印刷がかすれたり、特定の色が出ない現象が改善されない場合は、修理に出してくださいとのことです。

修理のお問い合せ

電話番号: キャノン修理問い合わせ
受付時間:平日・土曜日 9時00分~18時00分
対象製品
  * インクジェットプリンター
  * インクジェット複合機
  * パーソナル向けレーザービームプリンター
  * パーソナル向けモノクロコピー・複合機
  * コンパクトフォトプリンター
  * パーソナル向けスキャナー
  * パーソナル向けファクス
  * パーソナル向けコピー
  * 電子辞書
  * 計算機

保障期限内のトラブルなら保障書を持って、買ったお店に行きましょう。保障期限を過ぎていても修理コーナーがある量販店なら有料での修理は可能です。
又、場所は限られていますがキャノン直営の修理センターへの持込修理も可能です。見積もりしてから修理してもらいましょう。
料金などはある程度決まっているみたいですが、詳しくは電話で問い合わせしてからの方がいいでしょう。
Canon修理窓口拠点一覧(Canonサポート)

関連記事


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/67-67c89855