鳥羽の伊勢海老フライ 

こんばんわ!

三重県の友達のところに遊びに行ってきました。鳥羽の方に美味しい伊勢海老のフライが食べれるところがあるとのことで行ってきました。

漣(さざなみ)
三重県鳥羽市鳥羽3丁目5-28
TEL 0599-25-2220
【営業時間】
平日 11:00~15:00(LO)、16:30~19:00(LO)
土日祭トップシーズン 11:00~19:30(LO)
【定休日】 火曜(祝祭は除く)
【駐車場】 30台(無料)

お目当てはもちろん大海老フライ(一日20食限定)です。開店の11時前には着くつもりが、友達が前に行ったことがあるというので地図も持たずに行ったので、現地をかなり行き過ぎてしまいました!目標の建物は鳥羽水族館でわかりやすかったはずなんですが(笑)
11時40分くらいに到着したところ、すでに待ちが前に6組。大丈夫か20食限定!!
待っている間にメニューを見たところ大海老フライの他は和食海鮮定食といった感じの結構いい値段するメニューが多かったです。客の年齢層も結構高めの店のようで、海老フライは無事に食べることができました。
漣の大海老フライ
かなり大きい海老フライが2匹に特性タルタルソース、キャベツが大盛りと味噌汁とご飯付きの定食です。身がプリプリでかなり美味しかったです!
メニューなどには一切、伊勢海老のフライとは書いていませんが、友達曰く伊勢海老フライらしいです。私は伊勢海老自体をあまり食べたことがないのでよくわかりませんが、美味しかったので満足でした。

帰りにはお土産を買いつつ、夫婦岩を見物しに(*´д`*)
夫婦岩
風が強くかなり寒かったです(笑)

夫婦岩とは
夫婦岩は古来より日の出遙拝所として知られてきました。
沖合約700M先には猿田彦大神縁りの興玉神石(霊石)が鎮まり、そこは降臨する神の依り代であり、常世の国から神が寄りつく聖なる処と言われてきました。夫婦岩はこの興玉神石と日の出を遙拝する鳥居とみなされています。
男岩は高さ9M、女岩は高さ4Mで、夫婦岩を結ぶ大注連縄(おおしめなわ)は1本の長さ35Mで男岩に16M、女岩に10M張られていて、その間は9Mあります。毎年、5月5日・9月5日・12月中旬土日曜日に大注連縄張神事が行われます。

5~7月、夫婦岩の間から日の出を見ることが出来ます。特に夏至の前後の天気のいい日には遠く富士山の背から差し昇る日の出を見ることが出来、多くのカメラマン、参拝者で賑わいます。また11月~1月には夫婦岩の間から満月を見ることが出来ます。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/7-ddb6fb7d