ENERMAX UCCL12 

ENERMAX CLUSTER(クラスター) UCCL12

仕様

寸法(mm):120*120*25
回転数(rpm):500-1200
電圧(V):12
最大風量(CFM):26.21-53.02
運転音(db)8-14

ファンの羽がコウモリの翼をイメージして作られた「バッドウィングデザイン」という特殊な形になっています。これによりエアーフローが20%~30%アップするとのこと。
フレームにはENERMAXと言う形に通気口があり、そこからも風を呼び込み仕組みになっている。

クラスターサイド

ケースファンやCPUクーラーファンでよく使用されている静音ファンです。白く光るので、光らないファンから光るファンへの交換で使われることが多いようです。
付属品には振動防止ゴム(アイソレーター)とネジが付属しているので用途に応じて使い分けることができます。
ピンはPWMコントロール機能を持つマザーボードに接続することにより VIA BIOS よりファンスピードコントロールが可能となります。

クラスターの付属品

LEDはホワイトで明るさも結構あります。LEDのON/OFFスイッチもあり、光らせないようにすることも可能です。

羽は取り外し可能で掃除もしやすい。軸の所にグリスが塗られているのでそこは触らないほうがよさそうです。説明書にもありますが、なるべく中心をもって押すだけですが、結構力をいれないと取れませんでした。

クラスターの羽取り外し

使用感

LEDスイッチは固定穴のところにセットできるようにもなっています。ただ、そこにセットした後に光らすようにスイッチをおしても、なかなかカチッと止まってくれませんでした。
それに、一度はめるとかなり取りにくいです・・・

クラスタースイッチ

KABUTO に取り付けた時に CLUSTER だけやけに取り付けやすかったので、フレームの高さを測ってみると、4.5mmだった。MAGMA 5.5mm、APOLLISH 5mm と CLUSTER が一番低かった。ファンの高さ自体は25mmだったので表記違いではない?というか MAGMA の方が26mmあったのは謎です。
どちらにしても、CLUSTERはCPUクーラーとして使う時に取り付け金具を使う場合は物によっては外れやすい物もあるかもしれない。もしかしたら、私の物だけかもしれないが・・・

フレームの高さ

ENERMAX MAGMA と並べて音を比べてみたが、断然 CLUSTER の方が静かでした。ただ、風量は MAGMA には及ばないので、より冷やしたいならば MAGMA か APOLLISH の方がよさそうです。

取り付け

CLUSTER取り付け風景 CLUSTER取り付け風景

KABUTO に取り付けた物と稼動させた時の画像です。

CLUSTER取り付け風景

サイドパネルを閉めた時の光り方。上が CLUSTER、下は EVEREST(UCEV12)です。

関連記事


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/73-97d250fa