キューブパソコンのCPUクーラー換装 

SST-SG05 + GF9300-D-E
         CPUクーラー換装

用意したCPUクーラー

ZALMAN CNPS8700NT
サイズ :120(L) x 123(W) x 67(H) mm



サイズ BIG Shuriken SCBSK-1000
125(L)×135(W)×58mm(H)(クーラー全体)



SST-SG05 はマザーボードを取り付けた状態から上部にある電源ユニットまで高さが78mmあるということで、余っていた CNPS8700NT と 新たに SCBSK-1000 を購入しました。
SCBSK-1000 はかなり背が低いので 120mm ファンは高さが25mmの物に取り替えてやろうと企んでおります。
手裏剣 (SCSK-1000) と SST-SG05 とのレビューは幾つか見かけたのですが、SCBSK-1000 の方はあまり見つからず詳細は不明だったのですが、「まぁいけるか(・ω・)」と軽い考えで購入。

いざ取り付け!

まずは CNPS8700NT からです。

CNPS8700NT取り付け

ヒートシンクへの干渉もなくメモリーも2枚挿すことができ、電源までの高さもある程度余裕があります。
勘のよい方ならなんとなく写真を見たら分かるかもしれませんが、ケースからCPUクーラーがはみ出てケースが閉まりません( ゚∀゚);',*;ガハ!!
角度を変えるとなんとか収まりそうでしたが、CPUの固定金具がメモリーの方へ飛び出るのでメモリーがさせません。
想定外の出来事に焦ったのかその他の写真を撮り忘れてしまいました。
~~~ヾ(* ̄▽)_丼米定食~~ドーゾォー♪

そうなんです、120mmだとケースに収まりそうなんです。
125(L)×135(W)×58mm(H)

気を取り直して次は、本命の SCBSK-1000 です!
125(L)×135(W)×58mm(H)(クーラー全体)

チップのヒートシンクが高いので少し心配でしたがなんとか干渉無しに取り付け可能。

?????? ???????GF9300-D-E CPUクーラー取付け GF9300-D-E CPUクーラー取付け

しかしここで問題発生!CPU側に取り付けるメモリーがクーラーのヒートシンクに微妙に引っかかって取り付けできません。無理やり押し込めばできないこともなさそうですが・・・

GF9300-D-E CPUクーラー取付け

そして無理やり押し込んでみました( ゚∀゚);',*;ガハ!!
大丈夫か!?
2枚目は問題なく取り付けできます。

GF9300-D-E CPUクーラー取付け

そして、SST-SG05 へマザーボードを取り付けると、ケースから思いっきりはみ出ました(爆)

GF9300-D-E CPUクーラー取付け

気を取り直して90度角度を変えて取り付けし直しです。メモリーを外すのもドキドキしながら無理やりはずしました(笑)

しかしです。メモリー方向を短いほうにしてギリギリ?メモリーが取り付けできるくらいだと長いほうにすると1枚しか取付けできないんじゃね???と思いつつ・・・1枚ですら無理やりじゃないと取り付けできませんド━━(*゚Д゚)━━ン!!!
なんてこった!もう、なるがままよ!引き続き無理やりメモリー装着。

GF9300-D-E CPUクーラー取付け GF9300-D-E CPUクーラー取付け

デュアルチャンネルで動かせないならCPUクーラー交換必要もないかもねヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪
とりあえず SCBSK-1000 の能力を調べる為に進みます。
この方向だとヒートシンク上は問題ないのですが、ヒートシンク下の所とその横のコンデンサへ取り付け金具が干渉しそうです。微妙な感じで少し隙間もありそうでしたが、どうなんでしょうか。少し削ってやったほうが安全だとは思いますが、今回はそのまま続行。

GF9300-D-E CPUクーラー取付け

しかし、この方向の取り付けでもあえなく撃沈。見た感じは収まっていそうなのですが、約1mm微妙に飛び出ている為ケースがキチンと閉まりません( ゚∀゚);',*;ガハ!!
無理やり閉めることもできそうですが、CPUクーラーにテンションが掛かるのもどうかと思いますし、ケースを叩いて凹ませるのも簡単そうですが・・・

結論はSST-SG05 + GF9300-D-E では 125mm のCPUクーラーはケースに干渉します!!
CNPS8700NT を取り付けた時点で気づきそうなものなのですが私は何の迷いもなく次へ進みました( ゚∀゚);',*;ガハ!!

GF9300-D-E CPUクーラー取付け GF9300-D-E CPUクーラー取付け

負荷テスト

細かい事はまた考えるとして、このままケースを閉めてネジ止めできないところはそのままにして負荷テストをしてみました。

構成

【ケース】:SilverStone SST-SG05B(80 PLUS30W電源搭載)
【マザーボード】:ZOTAC GeForce 9300-ITX WiFi (GF9300-D-E)
【CPU】:Intel Pentium Dual-Core E5300 BOX(2.6GHz)
【メモリ】:TeamElite TEDD1024M800C5(PC6400 DDR2 1GBx2)
【HDD】:HGST Deskstar 7K160 HDS721616PLA380 (160G SATAII300 7200)
【OS】:Windows 7 RC

CPU:E5300定格
CPU:OCCT(室温25~26℃)

リテールクーラー
CPU1MAX:53℃
CPU2MAX:47℃
GPUMAX:49℃
リテールファン
リテールファン
リテールファン

SCBSK-1000
CPU1MAX:48℃
CPU2MAX:41℃
GPUMAX:48℃
SCBSK-1000
SCBSK-1000
SCBSK-1000

SCBSK-1000 への変更で少々ですが、温度低下しています。しかし、 SCBSK-1000 の CPU2 の温度が41℃から変化していないのは謎です(・ω・)
メモリーがシングルチャンネルなので、1コアしか稼動していないのかも。そうなると、温度比較も微妙な感じになりますが・・・
SCBSK-1000 の取付けによって1℃ですがGPU温度の低下もみられます。チップのヒートシンクの上へ少しCPUクーラーが被るので影響がでたのでしょう。
今回は付属の薄型120mmファンでのテストですが、上部への余裕があるので高さが25mmのファンへ変更すればまだまだ変化が見られそうですね。

関連記事


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/82-e65fa38b