フレッツ光とテレビ契約 

NTTフレッツ光

2009年9月時点での情報になります。

契約方法が少しややこしい?

ホームページやCMなど色んなところでNTTフレッツ光の広告を見ると思います。
「キャッシュバック最大3万円!」「契約者にもれなくノートパソコンプレゼント!」「今契約すると無線ルーターが貰えます!」「工事料無料で月々の支払いが2年間半額!」など同じNTTのフレッツ光であっても広告によって内容が全く異なりどれが本当なんだ!?と私は思いました。

んでですね、実家もそろそろ光に変えてやるかと思っていたので、その時の為の準備も兼ねてということで!NTTに電話してオペレーターに直接聞いてきました
( ゚∀゚);',*;ガハ!!
最初は頼りなさそうなおばちゃんだったので心配でしたが、途中から戸建契約ということで変わったオペレータはしっかりしていたので疑問に思っていたことをがっつり聞いたので、書いておきます。
と、思っていたら実家から光に変えたいから話をすすめてくれと連絡があったので、契約に必要なことを調べていると結構ややこしかったので加えて書いていこうと思います。

インターネット契約

なぜ広告によってキャンペーンの内容が変わるのか

NTTのキャンペーンはどこから申し込んでもいつでも1種類です。
広告によって内容が異なるのはプロバイダや代理店のキャンペーンであり、NTTのキャンペーンではありません。
しかし、契約するプロバイダが同じであれば受けられるキャンペーン内容はプロバイダのキャンペーン+NTTのキャンペーンの両方適用されるらしいです。
つまり!OCNをプロバイダに選ぶならばOCNの広告から申し込もうが、NTTの広告から申し込もうが両社のキャンペーンを適用できるということです。
とはいうもものNTTのキャンペーンは工事費無料とか工事費割引とかくらいです。
もしかしたら例外もあるかもしれないので、事前に調べておいて、契約時にキチンと確認しましょう。

キャンペーンは条件を満たすことで内容が変わる場合が多いので自分が契約する内容でどのくらい適用されるかをしっかり調べておきましょう。
特に「最大~円キャッシュバック」などのように最大と付いている場合は必ず幾つか条件が発生します。

プロバイダを決める時にキャンペーンの内容で決めるのもよいのですが、プロバイダによってサービスも異なりますので、その辺りも調べておくとよいかもしれません。
工事日に合わせて無料訪問設定を頼めるプロバイダや、常に無料電話サポートがあるプロバイダ、私が以前使っていた Plala は無料チケットが最初に貰えて無料チケット対応のサービスの中から自分で必要なサービスを選べるシステムでした。(ホームページスペースを多めに借りるか、サブメールを作るかなどの選択肢がありました。)

OCNの無料訪問設定に関しては1台のみの設定で他社無線ルータなどの設定は有料になるみたいです。無線ルータの無線機能のみにする設定をやってもらおうかと思ったが、有料なら自分でやるわさ(笑)
因みに2台目以降のパソコンの設定は1台につき2500円ほど、無線ルータなどの設定は5000円ほどでかなり高いです。無線の設定などはネットで調べると結構あるので1台ネットに繋がっていればネットで調べながら何とかなるでしょう。

NTTはキャンペーンをしていない場合は無料訪問はしてくれないですが、リモート操作で設定をしてくれるサービスがあります。このサービスは通常有料なのですが、最初の2ヶ月は無料で無料期間が終わる前に解約すれば料金は発生しない(もちろん違約金も)らしいので、初期設定に不安がある人はこのサービスを上手く使うとよいでしょう。
※NTTのオペレータからの提案だったので確かなことなのですが、今後システムが変更になる事もあるかもしれません。


電話契約

ひかり電話とは現在の電話番号のまま移行できる光回線を利用した電話のことです。
050から始まるIP電話とは全く異なります。

月々の基本料金が1500円から500円になり全国一律8.4円というのは安いです。

かける事のできない電話番号

しかし、気をつけなければいけないのが、かける事のできない電話番号が存在するということです。
ダイヤルQ2やナビダイヤルなど私は使わないような番号なのでそのまま契約するようにしましたが、調べてみると結構あります。NTTの話では徐々に改善していく方向ではあるとの話でしたが、契約前には自分がかける事のある番号が含まれていないかキチンと確認してください。

かけることができない電話番号
NTT西日本
「加入電話およびINSネットとの主な相違点について」の所を見てください。
NTT東日本

停電時に通話できない

CTU(加入者網終端装置)を利用するので、停電になると電話できなくなってしまいます。
そして、停電回復後もNTTが配っているアダプタの機種にもよりますが、電源回復後にトラブルを起こしやすい機種があるようです。手動で再起動を繰り返してやらないと、電話が使えない状態になったままになることもあるようです。

トラブルが多い

大規模なトラブルも結構起こしているようです。
知り合いがNTTのサポートに勤めていましたが毎日クレーム処理が鬼のようにあるとかないとか・・・

大丈夫かひかり電話!という感じですが、携帯電話が普及した今、固定電話の重要性があまり無い家庭の場合は、NTTのインターネット契約をする場合は固定電話がNTTであるならば、固定電話を光電話に変更しても良いのではないでしょうか。

ひかり電話A(エース)とは

基本使用料が1500円くらいに上がりますが、無料通話付きでナンバーディスプレイやキャッチホンのオプオションが付いたひかり電話です。ひかり電話+ナンバーディスプレイのみの契約もできますが、ナンバーディスプレイのオプションだけでも400円ほどかかるので、オプションを1つでも使用するならAの契約でもよいかもしれません。

NTT西日本 ひかり電話A
NTT東日本 ひかり電話A


テレビ契約

NTTとのテレビ契約には光テレビとフレッツテレビの2種類があります。
この2つはまったく別物です。もし良く分からない場合は契約時に自分がどんな番組が見たいか伝えて契約しましょう。

光テレビとは

インターネット回線を使用した専用チャンネルになります。
インターネット契約時にテレビ契約の話になるとこちらの契約の流れになることが多いみたいで、こちらの契約は地上波デジタル放送は見ることができません気をつけてください。
常時流れている放送とビデオレンタルの2種類があります。
総本数10,000本以上のラインナップから、好きな時間にお好きなだけ、レンタルビデオ感覚でビデオ作品を見ることができます。パソコンで観る動画配信ではなく、テレビで観られるサービスだから、家族みんなで楽しめる。もちろん高画質なハイビジョンビデオ作品もあります。

フレッツテレビとは

地上波デジタル放送を見るために契約する場合はフレッツテレビを契約してください。ただしデジタルチューナは別途必要な可能性があり、デジタル放送対応テレビ(録画器)がないとデジタル放送が見れない(録画できない)という結果になるので確認は必ずしてください。
フレッツテレビの月額利用料は680円ほどで安いのですが、フレッツテレビのみの契約はできません。スカパーとの同時契約が必要になりますので、月額料金が約70,00円~11,000円追加になります。
スカパー!e2とスカバー!光の2種類がありそれぞれに3つのパックがあるようです。

ただ、フレッツテレビはまだ始まったばかりのサービスのようで(NTT東で2008年7月開始、NTT西日本は同年11月開始)、使用できる地域がかなり限られています。
量販店などでフレッツ光では地デジが見れないと堂々と言う店員がいるのはこの提供エリアの狭さが原因なのでしょう。店員が知らないのか説明がめんどくさいのかは知らないですが(笑)

2010年6月追記
大分エリアが広がってきた状況もあってかフレッツテレビのCMも始まりましたね。東京都ではほぼ全域、大阪府や神奈川県では約半分位のエリアが対応範囲になっています。
まだまだエリア外の地域も多いですがこれから急速に広がっていきそうな感じですね。

NTT西日本フレッツテレビ提供エリア
NTT東日本フレッツテレビ提供エリア

配線

ひかりテレビはCTUから、フレッツテレビは外部から引き込んだ場所からテレビまで配線が必要になりますが、配線に関しては費用がかかります(下見見積もり後)。
お金をかけて業者に頼んでも壁伝いの配線になることが多いようです。私もこういう関係の仕事をしたことがありますが、配線工事って埋め込み配線じゃなくてもかなり高いんですよね。壁伝い配線なら自分でできる人は自分でやったほうがよいですよ。見積もりは無料だと思いますがきちんと確認してくださいね。

NTTのサポート

これまで約10年間ADSLを使用してきて、その中でサポートを使用して感じたこと、今回の光への変更で質問したことでの対応で感じた事を書いておきます。 NTTの電話サポートは116(携帯からは0120-116-116)ですが、知識が豊富なオペレータばかりではありません。以前にもトラブル時に利用したことがありますが、初心者用のサポート的な感じです。設定専門のNTTのサポートがあるみたいでそちらで聞いてくれと言われました。
電話番号は116にかけて頼りなかったら言えば教えてくれるはずなので、ここでは伏せておきます。(公開してよいのかどうかもわからないですし)

もう1つNTT西日本では「CLUB NTT-West」というフレッツ利用者専用の会員制プログラム(入会金・年会費無料)がありますが、こちらもビギナー向けのサポートだと思います。
2009年9月だとヘレンさんがインターネットで水着のサイトの見方を聞いているCMがそうです。(NTT西日本)

対応自体は今まで悪いと感じることはありませんでした、ただ人によっては丸投げもやはりあります。どこの会社でもそうでしょう、他社製品(ルータなど)の事を適当に言えないのは必然なのでそうなってしまうのかもしれません。
話し方、返事の仕方、わからない事があった場合などの対応の指導はしっかりしてそうです。

私はそういうのすごい苦手で嫌いでしたが( ・∀・)アヒャ

最後に

どこのプロバイダや回線業者でもそうですが、業者側によほど落ち度が無い場合は指定期間内に解約する場合は違約金が発生します。
今回色々調べていると、どの回線業者も誰かしら悪い評価をする人はいましが。他人の悪い評判を鵜呑みにするだけでなくどの程度の不備が起きたのかを客観的に見て業者がイマイチなのか、ただのクレーマーのクレームなのかを見極めて評価しましょう。

どんな時でも契約の時は親切にしてくれるものですが、契約してしまった後の対応は業者によって様々です。その辺りの対応が一番大切ではないでしょうか。くれぐれも契約の相談の時に親切にしてくれたというだけで安易に決断しないように(笑)

関連記事


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/84-6106953d