ドコモ光でインターネットが夜になると遅くなる 

原因はプロバイダ

2017年現在のお話になります。

フレッツ光、光コラボレーションなどで夕方から夜間にかけてインターネット回線速度が光回線にもかかわらず1Mbps以下の速度しか出ないという質問や記事があふれかえっています。

以下の内容は主に、私の利用しているドコモ光を対象として調べたり聞いたりしたことを記載しています。

切り分け方法

ドコモのサポート(151)に連絡して一番に言われるのがインターネット回線速度の調査で「BNRスピードテスト」での測定と「NTTの速度測定サイト」での測定になります。

ドコモ光はNTTのフレッツ回線を利用していますので「NTTの速度測定サイト」での測定をすることによってプロバイダを経由せずに通信した場合の回線速度の測定を行う事ができます。

「BNRスピードテスト」では普通にプロバイダを経由したインターネット接続なので「BNRスピードテスト」では遅いが「NTTの速度測定サイト」では通常のスピードが出るという場合はプロバイダの原因しかないでしょう。

ただ、「NTTの速度測定サイト」を利用するにはルーターを経由するとページエラーになるので、モデムとパソコンを直接接続してPPPoE設定をしてアクセスしないといけません。 私もやってみたのですが…インターネット接続はできるけれど「NTTの速度測定サイト」にはどうしてもアクセスできませんでした。

どうしてもできない場合にはドコモサポートへその旨伝えればNTT側から自宅のモデムまでの通信のテストはやってくれるみたいです。(NTTに直接電話して依頼するわけではないのでドコモのオペレーターの対応次第的な所もあります。フレッツ光契約の場合にはNTTフレッツのサポートに連絡すればNTT側からのテストはすぐにやってくれた経験はあります。)

続きを読む

モデム再起動で一時的に通信速度低下が改善される理由 

改善策じゃなくて一時的な対応でしかない

マンションタイプのドコモ光でプロバイダをぷららに変更した当初、夜になると通信速度が異常に低下する問題が起こった。ぷららに連絡して対応策を確認したところモデムの電源を切って15~20分後に電源を入れるという手順の再起動を試すように言われた。

それからは異常に遅くなるようなことは特になく、深く考えることもなく解決した物だと思っていた。

しかし、半年ほど経って再び夜になると速度低下が激しくなり、今度は再起動を行っても改善されない状況に陥ってしまった。

再起動で改善する理由

インターネット通信は契約している回線事業者のひいた回線を通しプロバイダ経由でインターネットへアクセスします。

プロバイダや地域によって異なるみたいですが、プロバイダを経由する為の経路はいくつか用意されています。どの経路を利用するかは自動で振り分けされるらしいがその経路が混雑しているからと言って空いている経路へ振り分けされるような仕組みはないみたいです。

そこで、自宅のモデムなどの機器を15~20分の間電源を落として再起動することによってプロバイダを経由する経路がリセットされ、もしその時に空いている経路があればそこへ振り分けされるので速度低下が改善したように思えるということです。

続きを読む

ぷらら ひかりTV 

ひかりTVの契約なんてしてないけど?

ぷららのマイページの契約内容の個所を見ているとひかりTVが契約中になっているのに気付いたΣ(゚Д゚;エーッ!

ひかりTV

ひかり電話もひかりTVも申し込みしなかったはずなのに!?というかひかりTVが契約中の割に特になにも機器が届いてないぞ?取り替えした機器はインターネット用のモデムだけだしね。
もっとよく見てみるとプランが「エントリープラン」になってるから有料じゃねーかド━━(*゚Д゚)━━ン!!!

ひかりTV

というわけで、ぷららの契約書を確認してみた。
契約情報、契約コース情報その他みるがひかりTVの契約内容の記載はない…なんだこれ?なんかまた面倒なことになったなぁと思いつつしばらく契約書をながめていると、裏面のいかにも関係なさそうな個所にひかりTV情報って項目があってそこに「ひかりTVエントリープランが無料でご利用いただけます」って書いてあった( ゚∀゚);',*;ガハ!!

そんなのなんも聞いてないし…もっと分かり易く記載しろよってかちゃんと説明しろよな全く。
まぁなんかエントリープランは全てのコンテンツを利用できるわけじゃないのでただの客寄せパンダ的な、結局見たいものは見れないじゃねーかって感じぽいんだよねこれ。

無料みたいだし、とりあえずどれくらい利用価値があるのか覗いてみた。

続きを読む