Windows Vistaのサポート終了まであとわずか! 

2017年4月11日で終了

なんの話題にもなっていないような気もしますが、Windows Vista Service Pack 2(以下、Vistaと表記します)の延長サポートが2017年4月11日に終了します。

シェアが低いとはいえまだ利用している人も割といたりします。

現在でもVistaを使っているような人はそもそもパソコンに興味がない人が多いような気がするのでサポートが切れること自体知らないかもしれません…偏見です(笑)

4月11日を過ぎたからVista搭載パソコンは使えなくなるのかというとそうではないので、Vistaのサポートの終了を知ってもそんなに慌てる人もいないでしょうし、慌てる必要もないのが現状です。

とはいえ、Windows XPのサポート終了後に思ったことは日が経つにつれて利用範囲が狭められていくということです。

Windowsが動いても対応しないものが増えてくると段々と不便になってきます、新しいソフトや周辺機器の導入ができなくなり、古いバージョンでもいいやと使っていると古いソフトでは動かないという状況になります。

続きを読む

Windows10のレジストリ復旧 

Windowsが起動しない時の最終手段

Windows XP レジストリの手動復元でやっていたconfigフォルダ内のレジストリ関連ファイルのSYSTEMファイルなどをバックアップから戻す作業がWindows Vista以降のOSでも可能なようです。

実際にトラブルが起こった時にこの方法を利用して復旧を行ったことはまだないので、この作業により影響する動作などは一切わかりません。
また、作業により何らかの損害が発生しても、一切責任を負いませんのであしからず。

他にできることはない?

Windowsが起動するけど動作が不安定な場合
Windowsが起動する場合は状況が様々ですができることも多いので、まずはバックアップをとり不調の原因がハードディスクその物の不良のせいなのかWindowsの動作によるものなのか、特定のアプリケーションによるものなのかといった根本的な原因を探すことをお勧めします。

Windowsが起動しない場合
  • 画面に現れるエラーコードを元に原因を調べる。
  • Windowsディスクを使って修復作業を実施する。
Windowsが起動しない原因には機器の不良(メモリー、CPUなど)の場合もあります。画面に表示されるエラー内容で原因が分かる場合が多いので調べましょう。
また、機器の不良の場合にはビープ音といってマザーボードから「ピッピッピッ」や「ピーポーピーポー」など奇病な音が出る場合もあり、その音のなり方によって不良個所が特定できることもあります。

続きを読む

Windowsが起動しない「0xc000000f」 

Windows起動ファイルの破損

パソコンを立ち上げると、Windowsブートマネージャー画面が現れてWindowsが起動しない状態になることがあります。

状態:0xc000000f
情報:システムレジストリファイルが見つからないか、または壊れているためロードできませんでした。

0xc000000f Windowsの修復

これはWindowsが起動する際に必要なファイル(レジストリ)にアクセスできない状態になっているのが原因です。

根本的な原因としてはアップデートなどの際に何かの原因でファイルが壊れた又は破損した場合と、ハードディスクのセクターエラーなどハードディスクの不良の場合とが考えられます。

軽度の場合は修復することで復旧することもありますが、作業にはWindowsのインストールディスクが必要になります。

Windows10の場合ですとインストールディスクはマイクロソフトによって公開されていますので下記URLよりダウンロードして作成できます。

Windows10のダウンロードURL:https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

続きを読む