Firefoxをリフレッシュ! 

プロファイルフォルダの整理をする

Firefoxの性能改善として「Firefox をリフレッシュ」があります。
Firefoxのレスポンスが悪い場合や動作に問題がある場合にはリフレッシュを実行することで改善することがあります。私の場合は過去に動画再生時に頻繁にクラッシュするという症状の際にリフレッシュを実行することで改善されました。

リフレッシュを実行してもCookieや閲覧履歴などは消えないのですが、Firefoxオプションでの設定やアドオンは削除されてしまいます。特にアドオンを多用している場合は注意です。
といってもインストールをしなおすしか手はなさそうなので、利用しているアドオンのリストくらいは作成してからリフレッシュを実行しましょう。最悪の場合に備えてプロファイルフォルダのバックアップも取っておいた方が良いでしょう。

エントリー:Firefoxのバックアップ方法

続きを読む

Firefoxのバックアップ 

バックアップはRoamingのProfiles

Firefoxの設定やアドオン、ブックマークなど全ての必要なファイルはProfilesフォルダの「xxxx.default」というフォルダへ保管されています。
ですので、そのフォルダのバックアップさえとっておけばどんな違うパソコンでもフォルダの中身をコピーすればすぐに同じ状態で使い始めることができるので楽ちんです。(※Windows間でしか試したことはありません。)

自分の為した限りではブラウザのバージョンが違っても問題ありませんでしたが、余りにバージョンが違いすぎると色々不都合が起きるかもしれません。

で!いつも迷うのがProfileフォルダの場所です。実はFirefoxをインストールするとAppDataフォルダ下のLocalフォルダとRoamingフォルダの両方に「Mozilla\Firefox\Profiles」という階層ができます。

当然どちらも同じ内容ではなく、Localフォルダはキャッシュの保管場所、Roamingフォルダが設定などの保管場所となります。

スポンサードリンク


バックアップ対象フォルダ

Firefoxのバックアップを取るフォルダ

Windows Vista以降のOS
%APPDATA%\Mozilla\Firefox\Profiles\xxxx.default

Mac OS X
~/Library/Thunderbird/Profiles/xxxx.default

いくつかxxxx.defaultフォルダがある場合は一番日付の新しい物が現在利用中のものです。

Firefoxからも開ける!

Firefoxのヘルプのトラブルシューティング情報からもプロファイルフォルダを開くことができるようです。

Firefoxのバックアップ

関連記事

  • Firefoxをリフレッシュ!

  • Firefox の検索バー 

    ちょっとしたことが便利

    通常、Google検索をする場合にはGoogleを開くかGoogle検索できるツールバーなどを導入するという方法があると思う。Firefox の検索バーでは検索するデフォルトのサイトを設定できるし選んで検索できるようにサイトの選別もできる。

    Firefox の検索バー

    最近はGoogleChromeを使うことが多かったし、ツールバーなんかの機能も使う方じゃなかったので全然知らなかったのだが、Firefoxの検索バーのことを調べていた時に便利な機能を色々発見した。

    といっても、劇的な利便性というわけでもなく、Firefoxを常時使っている人なら誰でも知っているというレベルだと思うが(笑)

    続きを読む