Windowsが起動しない「0xc000000f」 

Windows起動ファイルの破損

パソコンを立ち上げると、Windowsブートマネージャー画面が現れてWindowsが起動しない状態になることがあります。

状態:0xc000000f
情報:システムレジストリファイルが見つからないか、または壊れているためロードできませんでした。

0xc000000f Windowsの修復

これはWindowsが起動する際に必要なファイル(レジストリ)にアクセスできない状態になっているのが原因です。

根本的な原因としてはアップデートなどの際に何かの原因でファイルが壊れた又は破損した場合と、ハードディスクのセクターエラーなどハードディスクの不良の場合とが考えられます。

軽度の場合は修復することで復旧することもありますが、作業にはWindowsのインストールディスクが必要になります。

Windows10の場合ですとインストールディスクはマイクロソフトによって公開されていますので下記URLよりダウンロードして作成できます。

Windows10のダウンロードURL:https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

続きを読む

Windows10への無料アップグレードディスクはまだ使える? 

期間は過ぎたけど…

2016年7月29日にWindows7、8.1からWindows10への無料アップグレードキャンペーン期間が終了しました。

2017年3月私の机の上にはまだ無料アップグレード期間中に作成したディスクが転がっております。

Windows10への無料アップグレード

今これを使ってアップグレードしたらどうなるんだろうか?って思ったので稼働中のWindows7 Homeを使って試しにやってみた。

作業は基本的に無料アップグレード期間中に行った作業と同じようにしますが、セットアップはDVDから行います。DVDをブートさせたメニューからはアップグレードはできないのでWindows7上からアップグレードの実行ファイルを起動します。

続きを読む

ハードディスクのアライメント調整が必要な理由 

Advanced Formatと4Kセクタ

ディスクのベンチマークが遅い場合など、開始オフセットを調べて4096で割り切れない数値の場合にはアライメント調整が必要だということは良く聞きます。
書き込む大きさが4096バイトごとなのでずれているとパフォーマンスが低下するという理由もよく聞く。
そして、Windows XPではインストール前にdiskparコマンドを使ってオフセットを調整した後にクイックフォーマットをしなくてはいけないとか、クローンソフトでアライメント調整ができるソフトがあるというのも調べればすぐに出てくる。

色々調べていると512バイトだとかAFTだとか63、2048と色んな数値が出てきてそれは何なのか良く分からないのでもう一回調べてみた。

ディスクへの読み書き

ディスクはセクタと呼ばれ領域で区画されていて、セクタが最少記録単になる。
ハードディスクはずっと1セクタに512バイトの容量でしたが、512バイトから4KBへ拡張する動向がみられ2009年に4Kセクタ(4KB)が規格認証されました。
2011年頃から多くのハードディスクメーカからAdvanced Format(AFT)ハードディスクが販売されるようになります。
このAFTハードディスクが1セクタで4096バイトの容量になります。(「物理では4Kセクタであるがエミュレーションを行うことで論理上512セクタとして使える」ということらしいです。)

1セクタが512バイトから4096バイト(512バイトの8倍)になったバードディスクが販売されたことがアライメント調整が必要になるきっかけだったようです。

続きを読む